南国鹿児島県さつま町から、マンゴーとみかんを産地直送で販売しています。

祝迫果樹園の紹介

祝迫果樹園

祝迫果樹園について

果樹園作業風景

いらっしゃませ!祝迫果樹園へようこそ。

この度は祝迫果樹園のホームページをご覧頂き、誠に有り難う御座います。

祝迫果樹園は、鹿児島県北部の内陸地域に位置する町、薩摩郡さつま町にあります

父の時代からずっとみかん作りを行っていました。
町の指導により、昭和43年に現在果樹園のある薩摩郡さつま町広瀬の開拓を始め、みかんの植栽を始めたのが昭和45年。
平成18年には鹿児島県の果樹振興大会の視察コースにも選ばれました。
さつま町広瀬の果樹園地帯は平成21年に鹿児島で開催された全国柑橘大会のみかんの視察コースにも選ばれました。

マンゴー作りに取り組み始めたのが、平成12年。
鹿児島の気候・風土を活かしたマンゴー作りに取り組んでいます。

祝迫果樹園では、アーウィン(Irwin)という品種を育てています。
熟すと赤くなることから「アップルマンゴー」と呼んでいます。

マンゴーの花を咲かせる条件としては、低温であり乾燥していることが重要になってきます。
さつま町は鹿児島県の他の地域に比べ寒くなる時期が早く、そのためマンゴーの花の咲く時期も早くなります。

南国鹿児島の暖かな日差しの下、ビニールハウスで冬場でも25度の温度を保持するため暖房機を用いた温度管理もおこなっておりますので、、通常6~8月中旬に収穫するマンゴーを、4~5月に収穫しお客様のもとへ出荷しております。

美味しいマンゴーをどこよりも早くお客様のもとにお届けできることは、私たちの何よりの喜びです。

いままでは、町の特産品販売所や有名デパートなどで販売していた祝迫果樹園のマンゴーを、インターネットを通じて産地直送お届けできるネットショップをオープンしました。

産地直送なので美味しさそのままに、お手ごろなお値段にてお客様のもとへお届けできます。
この機会にぜひ祝迫果樹園のマンゴーをご賞味ください。

祝迫果樹園のマンゴー

かごしまの農林水産物認証制度に認定されました。

私がマンゴー部会長をさせていただいている北さつま農協マンゴー部会が、「かごしまの農林水産物認証制度」にて認証を受けました。
「かごしまの農林水産物認証制度」は、鹿児島県内で生産される農林水産物について、県が「安心・安全」を確保する基準を策定し、その基準に従って生産され、出荷されていることを、審査・認証機関が審査し、認証する制度です。

    北さつま農協マンゴー部会 マンゴー産地の概要
  • 認証番号 224017
  • 認証品目名 マンゴー
  • 生産部会名 北さつま農協マンゴー部会
  • 住所 薩摩郡さつま町虎居745
  • 栽培面積 0.99ヘクタール

今後も当部会では、安心・安全でおいしいマンゴーを消費者の皆さまへお届けするため、よりいっそうマンゴー栽培に取り組んでいきます。

祝迫果樹園連絡先

祝迫果樹園に直接来ていただいたうえでの販売も行っております。
事前にご連絡の上、ご来訪いただけるとありがたいです。
なお農園の見学は、観光農園ではないため、基本的にはお断りしております。
ご了承ください。

果樹園連絡先
祝迫果樹園
果樹園住所:鹿児島県薩摩郡さつま町広瀬1979-93

果樹園電話番号:0996-52-1005
メールアドレス:あ
果樹園アクセス

鹿児島空港から車で40分

川内駅から車で40分

地図

写真1

写真1

504号線から上がってくると正面に新生フルーツランドの看板が見えてきます。
道は左右に分かれているので、右の道に上がってください。

写真2

写真2

少し進むとさらに道が分かれます。
左の道に進んで登ってください。

写真3

写真3

少し登ると左手に看板が見えます。
留守、または果樹園で収穫作業中の場合は、玄関に案内してある携帯番号にご連絡ください。

ホーム | ショッピングカート 特定商取引法表示 | ご利用案内